·           Topページに戻る。

·           論文目次に戻る。

·           論文目次(歴史考古学)に戻る。

新井 宏 ( arai-hiroshi@jcom.home.ne.jp )

歴史考古学:邪馬台国

·              鉛同位体比による青銅器の鉛産地推定をめぐって(考古学雑誌論文の転載)、74号(2001年秋)

·              泉屋博古館の解析方法には重大な誤り、87号(2005年4月)

·              鉛同位体比から見た三角縁神獣鏡の製作地(情報考古学論文の転載)、94号(2007年7

·              泉屋博古館の「釈明」も重大な誤り(再論)、100号(2008年12)

·              歴博の炭素14年をめぐる論理矛盾、100号(2008年12月)

·              歴博プロジェクト『弥生農耕起源』について、101号(2009年4月)

·              木材年輪年代をめぐって、101号(2009年4月)

·              炭素14年代測定較正年代早見表、102号(2009年8

·              歴博「古墳出現の炭素14年代」について、102号(2009年8)

·              炭素14年における二重基準の問題103(200912)

·              「古韓尺」で作られた纏向大型建物群104(20101)

·              土器付着炭化物の炭素14年問題―古く出ている現状とその原因について―、105(20104)

·              易しい炭素年代の科学と統計学107(201010)

·              箸墓年代の歴博正式論文批判111(201110)

·              平原鏡から三角縁神獣鏡へ113(20124)

·              「弥生遡上論」の総括から学ぶべきこと 115(201210)

·              鉛同位体比から見た弥生期の実年代 123(201410)

·              『出雲風土記』に現れた「古韓尺」 133(201712)