タイトル  発行日
75  日本近代化の恩人シドッチ  平成12年2月
76  仮名に着想を得たハングル  平成12年5月
77  気になる多産の帝妃たち  平成12年8月
78  鎖国と銀産と家光  平成12年11月
79  神の手  平成13年2月
80  予定調和  平成13年5月
81  多率寺にて  平成13年8月
82  鉄砲と大砲の戦い  平成13年11月
83 灰吹法による戦国バブル  平成14年2月
84  シナイ  平成14年5月
85  誤解から始まる  平成14年8月
86  多重債務貧困  平成14年11月
87  ダイドス論  平成15年2月
88  崔致遠の碑文  平成15年5月
89  晋州城  平成15年8月
90  散策中に思う・韓国にて  平成15年11月
91  文禄の役の狭間で―清正をめぐる数奇な人々―  平成16年2月
92  澤田吾一―ふたつの人生  平成16年5月
93  保渡田の古墳群  平成16年8月
94  まんじ語録(一)  平成16年11月
95 政争の国  平成17年2月
96  「卑弥呼の鏡」の焦り  平成17年5月
97  虎変する韓国  平成17年8月
98  リビング・ウイル  平成17年11月
99  地に堕ちた韓国の偶像  平成18年2月
100  多率寺にて  平成18年5月
101  過激な夫婦と品格  平成18年8月
102  奈良大仏の経済学  平成18年11月
103  後進国が支配する韓国  平成19年2月
104  奇蹟の生還  平成19年5月
105  まんじ語録(その二)  平成19年8月
106  脚気病とかけて  平成19年11月
107 狩谷棭斎讃歌(一)〜(ジュウ)  平成20年2月
118  八つ当たり語録(一)  平成22年11月
119  八つ当たり語録(二)  平成23年02月
120  北朝鮮の金王朝と李氏朝鮮  平成23年05月
121  旧体制に自ら幕を降ろした権力者たち  平成23年08月
122  八つ当たり語録(三)  平成23年11月
123  明治維新とハプスブルグ家  平成24年02月
124  自由貿易協定の男・金宗壎  平成24年05月
125  私の「三都物語」  平成24年08月
126  金と穀物の価格比から世界を覗く  平成24年11月
127  抜群におもしろい「竹島ゲーム」  平成25年02月
128  北上夜曲考  平成25年05月
129  ヘモグロビンA1C  平成25年08月
130 漢詩カンシアソぶ『説文セツモン解字カイジ研究ケンキュウ  平成25年11月
131  歴史を裁く韓国  平成26年02月
132  「カード」と「チョンセ」の大乱  平成26年05月
133  均衡者外交 あるいはポーランドと韓国  平成26年08月
134  「千の風」と「赤毛のアン」  平成26年11月
135  国宝・別所安楽寺の八角三重塔  平成27年02月
136  彼方のキリスト  平成27年05月
137  『日本はない』か『ある』か  平成27年08月
138  月は上りぬ  平成27年11月
139  「遥かな友に」  平成28年02月
140  『古事記』崩年は一次史料か  平成28年05月
141  小さなカボチャ  平成28年08月
142  黄色いハンカチ  平成28年11月
143  相模原界隈の「物価考」  平成29年02月
144  「ジパング円」は「金本位制」?  平成29年05月
145  「ベニシアのエッセイ」  平成29年08月
146  元駐韓大使が書いた「嫌韓本?」  平成29年11月
147  自動車産業の「労働貴族」  平成30年02月
148  強権併合と分離独立の狭間で  平成30年05月
149  李朝史を引継ぐ金正恩の世襲過程  平成30年08月
150  「学校つまらない?」いや「つまる」  平成30年11月
151  朱子学原理主義の国  平成31年02月
152  ストリートビュー紀行  令和01年05月